2007年01月18日

no-title

070118_201612.jpg



いのちの時間は、だれにもわからない。

だいすきな人にも、どんなに親しい人にも、
自分自身にさえもわからない。


でも、いのちはかならず消えてしまう。


消えてしまったいのちとは二度と会えない。


お祈りしても。

名前を呼んでも。

いっぱいいっぱい涙を流しても。
どんなに後悔しても。


あなたの目が私を見てる。

私の目があなたを見てる。

それって、すごいことなんだね。

消えていったいのちが教えてくれる。

たくさんのこと。



空気や水のような存在だった“いつもの人”が
とってもだいせつな人だったということ。


おしゃべりしたり、笑いあったり、
“ふつうの一日”の中に、たいせつなものが
たくさんちりばめられているということ。


しあわせは見落としてしまいそうなくらい
ありふれた色をしているということ。
posted by 涼子 at 20:23| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい詩の本やねぇ。
自分も読んでみたいなぁ。
命はいつなくなるかわからへんよね。
今日も仕事先で風見しんごさんの子供が事故になって死んじゃってかわいいそうやねって話題やったよ。
それと八尾の方で三歳の子供が投げ落とされた事件のこととかな。
ほんと命っていつなくなるかわからへんよね。
それにすぐに自殺する人多いけど命大切にしなあかんなぁって思うよ。
涼子ちゃんと同じ歳の人たちが自殺してるけど、その人たちを見てどう思う???
話変わるけど自分は涼子ちゃんが大切な人だよ。
涼子ちゃんと居る時が幸せ感じたり、笑いがあったりするかな。
涼子ちゃんは自分にとってかけがえのない人だよ。
ほんと涼子ちゃんっていいことをみんなに伝えるなぁ。
心にジーンってくるなぁ。
ここが涼子ちゃんのすてきなとこ。
やっぱ涼子ちゃんがいちばん大好きやぁ
(*^3(^▽^*)chu!!(*^3(^▽^*)chu!!
Posted by うかの(涼子ちゃん大好き) at 2007年01月18日 21:57
涼子ちゃん、こんばんは。涼子ちゃんにはドキッとさせられます。(^-^)vそうだね。この詩にあるように、ありきたりの毎日の中に大事なことや幸せってあるんだろうな!つい見落としてしまうことだね。ヾ(^▽^)ノこういう詩をブログに載せる涼子ちゃんって、感性が優れてるんだろうな。涼子ちゃんってステキな女性やな。(^▽^)前にあった、コンクリートの間からタンポポが出てた記事。書道作品の「笑ったかずだけ幸せ来るよ」などなど。涼子ちゃんブログには、真実をつくような言葉や内容が出てきて、ドキッとします。まだ?17才なのに涼子ちゃんの感性って、自分たちより優れてるんやろうなとまたまた思ってしまいました!(^-^)v
Posted by 一年二組 at 2007年01月18日 22:51
人は、生き物は、淡々と生き、淡々と死んでいく。
生々流転。
Posted by 左脳右脳 at 2007年01月18日 23:45
自分もこの本読みたいから本屋さん見てくるね。
ほんと涼子ちゃんっていい本探してくるね。
他にいい本あったら教えてね。

Posted by うかの(涼子ちゃんファン) at 2007年01月19日 08:20
涼子ちゃん、元気ですか〜!?
Posted by みっちゃん at 2007年01月20日 20:53
あなたゎすぐに写真を撮りたがる…都会でわ冬の匂ぃも正しくなぃ...以心伝心ってステキな言葉だけど何かのカタチにしなぃとっ…ぃっもの人でも『遠』距離の人でも伝わんなぃ…ふとしたきっかけだって赤ぃ糸かもしれなぃのに...ぁれから時間泥棒に時間ぉ預けて眠ってしまった…昨日まで好きだとゆってくれてぃても明日はそうぢゃなぃかもしれなぃ…あなたゎいつだって優しぃからそぅでなぃ言葉が気になるの...季節ぉ丁寧に撫でていられなぃ…ねぇ…空ゎ遠すぎる?
Posted by はまっち at 2007年01月25日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。